スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜野毛「珍獣屋」

今週の水曜日に@minimi_m2_nを連れて、
横浜野毛にある「珍獣屋」というジビエ(野生鳥獣)・怪食居酒屋に行ってきました。

横浜の桜木町駅を挟んで海側がみなとみらい、反対側が野毛という、
横浜有数の飲み屋街があるんですよ。
そこは雑多な温泉街みたいな雰囲気の街で、僕はこういう町が好きです

その野毛の中でも異色なのが、今回行った「珍獣屋」です。
東京近辺の中じゃ割と有名なゲテモノ料理を扱う店で、僕も前からそういう料理に興味があってですね
今回食べに行ったんで、その話でもします

店自体は居酒屋っていうより、バーですね。
この珍獣屋をやる前にバーだったみたいで、内装もその名残だそうです。
そもそもオーナーがフレンチシェフらしくて、フレンチだと割と定番のジビエを入荷していたところ、
ゲテモノ料理をやってみようとのことで出来上がった店だそうです。

なので怪食料理もあり、ジビエのように軽いメニューもあるって感じで、
今回はさすがに僕も何が出てくるか想像出来ないのでゲテモノのヤバそうなやつは食べませんでした^;

ワニ皮ポン酢
一番最初に出てきたメニューです。
僕は焼き鳥屋に行った時には鳥皮ポン酢をよく食べますけど、
本気でポン酢の味しかしないのは、ポン酢が強いのかワニの味が弱いのかどちらなんだろう?
食感を楽しむ感じのやつ。

サソリのから揚げ
2番目にして僕が当日一番食べたかったメニューが来ました・。・
サソリ。出川哲郎も美味しいと言ってたサソリ。
ちなみに僕はサソリにレモンをかける派なのでかけてきました。

味は前評判と、想像していた通り、エビ。
もっと言うと、エビフライのしっぽ。
まさにあんな感じです。
大きいのを注文したんですけど、ハサミから針まで、エビフライのしっぽの味がしました。
腹のあたりは若干苦い感じがしましたけどね。
普通にエビフライのしっぽ好きなのでおいしかったです。
なんか売ってたら普通に買いたくなるおいしさでした。
おすすめの1つです。

ラクダのタルタルステーキ
ラクダを食べたことなんて1度もないのでどんな味がするのか気になりました。
ステーキにしてあるので若干味がまとまってるのかもと思いましたが、
牛肉と豚の中間?美味い。
若干野趣溢れるのか堅かったですけど、飯と合う感じの一品。

ピラニアの刺身
@minimi_m2_n一押しの一品。
白身魚特有の外見をしているんですけども、
なんというか、トロっぽい鯛?
ピラニアっていうとなんかもっとぱさぱさしてるイメージがあったんですけど、
全然そんなことはなかったです。

カンガルーのガーリック焼き
カンガルーです、あの筋肉ムキムキのカンガルー。
これがね・・・
野生動物特有のあの匂いっていうんだろうか。
ジンギスカンのような味でした。
もっとクマっぽい味かと思ったんですが、意表を突かれました。

シイラのカルパッチョ
シイラは鉄腕DASHでもやってましたよね。
馴染みはあるっちゃああるんですけど、実際食べるのは初めてでして。
意外とさっぱりしてるんですね、カツオと何かのちょうど中間みたいな味。

⑦挽肉ソーセージ
仙人が作ったソーセージとかいう名前のやつ。
これが僕の中で大ハマリしちゃいました。
いや、うまい。
牛豚の挽肉らしいのでまずいわけがないんですが、うまい。
一番最初からサソリを食うとかなかなか引きがちな人も、これを食べてからだと
慣れてよい感じになると思いました。

カエルのから揚げ
足です。足。カエルは良くゲテモノ料理だので聞きますけど、
鳥と魚の中間とか言われますけど、言いえて妙。
どっちかっていうと鳥に近いですかね。
なんというか酒を飲みたくなるメニューでした。

⑨チーズ
僕が乳製品あんまり好きじゃないんですけど、@minimi_m2_nが絶賛してましたよ

こんな感じです
正直外れたら外れたでそれはそれでネタになるしいいやーって思って行ってみたら、
なかなか思ってたよりもおいしくて驚きました。
お値段はそこそこしますけども、こんなメニューそうそう食えるものではないので、
一度行ってみて話のタネにしてみてはいかがでしょうか。

ここに書いてない、はるかにえげつないメニューもあるので、
ぜひ気になった方は自己責任で検索よろしくお願いします

では。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。